宅配買取の手順

自宅にいながらにして古くなった物や使わなくなった物を買取に出せるシステムが宅配買取です。最近ではネットで注文を出して自宅で梱包、宅配便で送付したら見積もりが届くといった、時間の無い人でも手軽にできるサービスとして広がっています。宅配買取の手順を紹介します。

最初に買取をしてもらえる業者をインターネットで探しましょう。サイトの指示に従って、申し込みフォームに記入します。その後は印刷した申込書と買い取ってもらいたい商品、身分証明書のコピーなどを自分で用意したダンボールに詰めて送る場合や、業者から梱包キットが届くので、そちらに商品と申込書・身分証明書を詰めて送る場合があります。

商品が買取業者の手に渡ると1点1点査定が行われ、金額がつけられます。査定の結果はメールで連絡が来るので、金額に納得した場合は承認の連絡をします。後に業者から査定で出た金額が指定した口座に振り込まれます。

宅配買取のメリットは、なかなか買取専門店まで足を運ぶ時間が無い人や、近くに店舗が無い場合でもパソコンやスマートフォンから簡単に申し込みできる点です。ほとんどの業者が着払い指定で荷物を受け取ってくれるため査定に出すために余計な送料はかかりません。しかし、金額に納得できず返品を希望する場合には送料を負担しなければならないので本当に不要なものだけを送ったほうが良いです。

 

高額買取のコツ

宅配買取に商品を出す際は、できるだけ高額で買い取ってもらいたいものです。高額で買い取ってもらうコツを紹介します。

まずは業者選びです。買取業者も商品によって得意分野があるため、面倒でも一店舗に商品をまとめて送らず、業者によって送り先を変えましょう。ブランドアパレルの専門店やパソコン・カメラなどの電子機器の専門店、マンガ・ホビーグッズの専門店など専門店の数もたくさんあります。

次に商品の状態です。もちろん、新品に近い状態のもののほうが高く買い取ってもらえます。洋服は臭いや汚れがあると査定に影響するため、一度通常の洗濯をしておきます。シミがある場合には部分用洗剤を塗布して数分置いてから洗濯しましょう。バッグや財布などもホコリが被っていないか掃除することをお勧めします。シワにならないようアイロンで伸ばしてからたたむときちんとした印象になります。服の買取はワンシーズン前の時点で売ることがポイントです。春物であれば需要が高まる前の1月から3月あたりに買取に出せば価格が上がりやすくなります。

数が増えてしまう書籍やCD、DVDは、シリーズ物は巻数順にまとめ、ダンボールが複数ある場合でも同じダンボールの中に入れるようにしましょう。書籍は平積みにし、CDは重ねず縦に並べ、空いたスペースには緩衝材を入れて破損しないようにします。

それでも中には買取不可の商品も出てきます。多くの場合は無償で業者引取りになるか、送料負担で返品のどちらかが選べます。